isokawadaichi.com

Powered by Northcamp, inc.

日刊イソカワ_20180521

昨日のこと 昨日はライターで編集者の吉田コウくんが「留年セッションズ」というイベントをいわしくらぶ東京店で開催した。 【イベント企画した】5/20(日) 12時から @iwashi_tokyo さんをお借りして「出演者全員留年生」のアコースティックライブを @arumikn…

日刊イソカワ_20180518

今日の予定 9時00分〜10時30分 Staylink, LLC.の木村くんとお茶で 11時00分〜12時30分 スリーエーさんとランチミーティング 13時00分〜18時00分 ミーティング 18時00分〜19時00分 移動(札幌→新千歳) 20時35分〜22時…

日刊イソカワ_20180517

今日の予定 12〜13時 移動(神保町→成田) 14〜16時 フライト(成田→新千歳) 16〜17時 移動(新千歳→札幌) 17〜24時 デスクワーク

日刊イソカワ_20180516

今日の予定 14時00分〜19時30分 出勤@いわしくらぶ東京店 20時00分〜21時30分 会食@銀座 22時00分〜24時00分 出勤@いわしくらぶ東京店 24時00分〜27時00分 どこかでデスクワーク

日刊イソカワ_20180515

どーも、イソカワ(@isokawadaichi)です。 昨日から僕そのものをクラウド上で共有する実験「日刊イソカワ」はじめました。「『日刊イソカワ』ってなんやねん」って方は、昨日の記事を読んでください。それでは、今日の予定から。 今日の予定 12時00分〜…

日刊イソカワ_20180514

こんにちは、いわしくらぶの磯川(@isokawadaichi)です。 今日から「日刊イソカワ」始めます。 と言っても、ただ自分の予定やタスクをアップするだけの私的な日記です。 忙しくなってきてしまった では、どうして「日刊イソカワ(私的な日記)」を始めるの…

自社サービスについての考察

コミュニティってなんだろう。 kotobank.jp コミュニケーションってなんだろう。 kotobank.jp このへんを考えていくと、いわしくらぶのこれからの役割が見えてくる気がしている。 書きながら考える。

「工場モデル」から「サービス産業モデル」へ

最近よく聞く「働き方改革」。 その中核をなしているのが「長時間労働の是正」と「生産性の向上」だ。 高齢化する日本では何もしなくても、介護、医療、年金などにかかる費用が毎年5000億円以上増える構造になっている、とも言われる。 となると、その分をど…

僕の「水」ばなし

このあいだ、ある人と電話で話していて気がついたことがある。それに気づいたときに「ハッ」として鳥肌が立ってしまった。ちょっと怖くなったくらいだ。 だけど正直、この話は僕以外の誰にも関係がない。断言できる。まったくない。だからきっと僕以外の人が…

売るセンスは買うセンス

売るセンスは買うセンスだ。 例えば月に100万円の売上をつくるために営業マンを買うのか、営業ツールを買うのか、広告を買うのか、口コミを買うのか、商品名を買うのか、オマケを買うのか。 何を買うかによって、売上は大きく変わる。 商人になれ 10年前だ…

マイパブリックという概念

お店づくりはマイパブリックづくりだ。 マイパブリックとは造語で、自分(私=Private)がつくる公共空間のことを指す。 公共空間といえば、どこかの誰かが定めた法に従う場所のことを指すけれど、マイパブリックはいわば「私公共」だから法は(法律の定めの…

文章を書くという作業がもらたすもの

文章を書く機会って日頃どのくらいあるでしょう。もし、それが1万文字を超えるような長い文章だと、その機会はなおさら少なくなるのではないかと思います。 しかし、ブログを定期的に更新するようになって思うのですが、「文章を書く」という作業は思考を整…

大阪でおすすめのゲストハウス『LnK』

年末、仕事で大阪に行っていました。 仕事の合間にはシーシャ屋さんに寄ったり、 シーシャ屋さんに寄ったり、 シーシャ屋さんに寄ったりしていました。 ・・・え? 「おまえシーシャしか吸ってないじゃないか」って? 何をおっしゃいます。 ちゃんと真面目に…

「なにがいいのか」がわからない人は旗印がない人

「なにがいいのか」がわからない。 「なんの話だ?」と思う方もいるかと思いますが、そのまんまです。「なにがいいのか」がわからない。 何かを始めようと思うけれども、なにをどう選択すれば良いのかがわからない。何が正しいのかがわからない。そして、意…

僕が本を読む理由

「大地さんってどうして本を読むんですか」 ある日、店のスタッフにそう聞かれた。 本を読む理由 本を読む理由は?と問われたら、正直「たのしいから」と答える他ない。 知らない→本を読む→知る→たのしい アホみたいな図式だけど、こんな感じ。 できなかった…

富山市八尾町の旅館が挑戦する小さな「地方創生」

富山県 富山市 八尾町。 八尾町と書いて「やつおまち」と呼ぶ場所がある。 なぜここに来たのかというと、この八尾町で旅館とカフェを経営している若女将から 「わたし、八尾でシーシャカフェやりたいの」 と言われたから「それなら富山までゆきましょう」と…

経営者という仕事

あなたは「経営者」と聞いて何を思い浮かべるだろうか。 www.weblio.jp 【経営者】 会社や商店を営む者。特に、会社事業を営む者。 ひと口に経営者と言ってもそのタイプはさまざまで、毎日スーツをキメて誰よりも早く出社する経営者もいれば、僕のようにヨレ…

ママには聴こえない

「ねえ、ママ」 スコットがママを呼ぶ。ママはスコットに背を向けてキッチンに立っている。何かを作っているのかもしれない。しかし、スコットにはそのことはわからない。 「ねえ、ママってば」 ママは聞こえないのか、振り返ることなくそのまま何かの作業を…

世界が注目する23歳の料理人 ジョナ・レイダー。彼がつかう魔法の調味料とは

面白い記事を読んだ。 wired.jp 今、世界的に注目されている23歳の料理人がいる。 ジョナ・レイダー。 学生寮で仲間に振る舞っていた料理が好評で人気を博し、いつの間にか“プロ”として多くのファンを抱えるようになった人物。 「レストランに行くと、言われ…

ゴキブリ社長のブランド論

「ブランドとはとんがりである」 ゴキブリ社長がホット・ウイスキー・トディを飲み干したあとで、こう言った。 ブランドとはとんがりである。 「いいか、磯川くん。ブランドとはとんがりなのだ」 「とんがり・・・ですか」 僕らは銀座の並木通りにある、とあ…

京都でおすすめのゲストハウス『Le9』

こんにちは、Startups&Booksの磯川(@isokawadaichi)です。 先日、出張で京都に行ってきました。 「関西は暑いよ」と取引先の常務さんから聞いていたのですが、行ってみたら本当に暑かった。 身体が溶けるかと思いました。冗談抜きで。 東京が8月に入ってか…

ビッグバンとその先にある未来

「磯川くん、どうだ。最近は」 「はい、最近やっと軌道に乗ってきたかと思ってたんですけどねえ。これは行けるかな、と思った途端に売上が落ち込んだりして…」 「そうか。まあ、初めの頃はみんな、そんなもんだ」 「そうなんですねえ」 「目先の結果に一喜一…

ゴキブリの幸福学

「恐竜になるな、ゴキブリになれ」 ある日突然、取引先の社長からそう言われた。 「社長、ゴキブリですか?」 「そうだ、ゴキブリだ」 カンカンに晴れた夏の午後。 温度計の針は30度を指していた。 僕らは打ち合わせを終え、神楽坂の路地裏にある蕎麦屋で、…

起業家とたばこについて考えてみる

たばこを吸い始めて8年経ちます。 20歳の頃、札幌で浪人生活をしていた友人がセブンスターを吸っていたのをみて「俺も吸ってみようかな」と思ったんですね。 それから、紙巻きたばこ→パイプ→葉巻→シーシャと今に至ります。 シーシャを吸っているとあまり言わ…

VALU読本

VALUはじめました 個人を上場して出資を集めるサービス『VALU』をはじめてみました。 Faceobookで「はじめました」と投稿したところ、自分の他にも何名かの友人がアカウントを持っていてその使い方についてわからない箇所がいくつかあったそうなので、ブログ…

二拠点生活について

北海道と東京の二拠点生活(デュアルライフ)を始めました。 デュアルライフとは都市と農山漁村が双方向で行き交うライフスタイル。二域居住。 グリーンツーリズムのうち長期間、あるいは反復的な滞在を行うもの。 滞在型市民農園やセカンドハウスなどで継続…

コミュニティカフェ運営、その未来に描くもの

いつからだろう。 自分の頭のなかにそんな願望が宿っていた。 「楽園をつくりたい」 思い出してみると行きつけの喫茶店を間借りして、いわしくらぶというシーシャカフェを創業したとき、オープン準備の最中にそんな考えが頭に浮かんでいた。 世界は荒れてい…

起業家の武者修行

いわしくらぶ東京店がグランドオープンを迎えてから、今日で3ヶ月が経った。 あの時はまだ涼しかった東京も、さすがに暑い。 僕も暑い場所にいるのはそう苦手ではないので、毎日短パンとTシャツ姿でわりと気楽にやっている。 「これは武者修行だ」 その日も…

遊びが仕事になる時代

こんにちは、磯川大地(@isokawadaichi)です。 先日、高田馬場にある人気のシーシャカフェ「ばんびえん」で行われた餃子パーティーに行ってきました。 ▲ばんびえんの入り口に貼ってあったポスター 「ばんびえん」ってなに? ばんびえんとは東京・高田馬場に…

人と組織のOSを変える「場活堂」

www.bakatsudo.co.jp 停滞している企業には次のサインが出ている。 過去への囚われから、変化へのブレーキとなる「先入観」 マンネリ化した薄い関係性から生まれる「チームワーク」 受け身や他責でも、安定したポジションが得られるという「組織文化」 これ…