Startups&Books -起業と本

起業と本についてのWebマガジン

なんでもいいから、まずやってみる

僕は10代のころ『読書のすすめ』という東京都江戸川区にあるちょっと変わった本屋さんで丁稚奉公していました。

 

f:id:kinpiraninjin:20100512173600j:plain

dokusume.com

 

そして今もInstagramなどで本のソムリエとして活動しています。

 

 

 

『壁を破る言葉』岡本太郎イースト・プレス

さて、今回紹介する本はこちら。

 

 

芸術家・岡本太郎の至極の名言が詰まったこの一冊。

この本の内容はもちろんですが、本自体のサイズがすごく良いんです。

 

触れて感じて、読んで楽しむ。

それも本の醍醐味。

 

装丁を手がけているのは「鈴木成一デザイン室」。

情熱大陸にも出演経験のある装丁家です。

 

そもそも岡本太郎って誰? 

日本を代表する芸術家・岡本太郎ですが、知らない方のために以下にそのプロフィールを掲載しておきます。 

f:id:kinpiraninjin:20100223073555j:plain

出典 - Wikipedia

岡本 太郎(おかもと たろう、1911年(明治44年)2月26日 - 1996年(平成8年)1月7日)は、日本の芸術家。血液型はO型[1]。 1930年(昭和5年)から1940年(昭和15年)までフランスで過ごす。抽象美術運動やシュルレアリスム運動とも交流(ただし合流はしていない)した。第二次世界大戦後、日本で積極的に絵画・立体作品を制作するかたわら、縄文土器論や沖縄文化論を発表するなど文筆活動も行い、雑誌やテレビなどのメディアにも1950年代から積極的に出演した[2]。 引用 - Wikipedia

 

芸術家としての代表作は?というと、これですよね。これ。

そう。「太陽の塔」です。

 

f:id:kinpiraninjin:20131116101926j:plain

太陽の塔(たいようのとう)は、1970年大阪府吹田市で開催された日本万国博覧会(EXPO'70・大阪万博)の会場に、芸術家岡本太郎が制作した芸術作品であり建造物である。岡本太郎の代表作の1つである。太陽の塔は、大阪万博のテーマ館のシンボルとして建造され、万博終了後も引き続き万博記念公園に残された。モデルは、岡本太郎が飼っていたカラス[5]。 引用 - Wikipedia

 

というわけで岡本太郎の説明はここまでにして、名言をご紹介します。

 

至極の名言集!「壁を破る言葉」から選んだ名言9選  

f:id:kinpiraninjin:20170523181711j:plain

出典 - TRANSIT

 

1.

限界は、考えない。

人間は、はじめから限界のふちに

立たされているんだから。

 

2.

なぜ、創るのかって?

創らなければ、世界はあまりに

退屈だから、創るんだ。

 

3.

なんでもいいから、まずやってみる。

それだけなんだよ。 

 

4.

同じことをくりかえすくらいなら、死んでしまえ。 

 

5.

芸術なんて、道ばたに転がっている石ころと等価値だ。

芸術に憧れたり、芸術が大変なものだと思っているやつに

芸術家がいたタメシはない。 

 

6.

芸術のあるところ、そこが世界のセンターであり、

宇宙の中心なんだ。

それは東京でもいいし、秋田でも、北京でも

リオデジャネイロでもかまわない。

 

7.

ゴッホは美しい。

しかしきれいではない。

ピカソは美しい。

しかし、けっして、きれいではない。 

 

8.

制約が多いとみんな悩んでいる。

だが、制約があるからこそ、

自分のしたいことを貫くのがほんとうの行動になると思う。 

 

9.

ほんとうの人間は両性具有だ。

猛烈に男性的であり、或いは、なまなましく濃く女性的。

相手に求めない。 

 

ウーマンラッシュアワー・村本さんら有名人も愛読している! 

f:id:kinpiraninjin:20170531044233j:plain

出典:ガールズちゃんねる - Girls Channel -

 

人気お笑いコンビ「ウーマンラッシュアワー」の村本さんや、ピアニストのアリス=紗良・オットさんも愛読しているそうです。

 

 

数ある岡本太郎の名言集のなかでも、とくに人気のあるこの本。

オススメです。

 

 

(注:「もう読んだよ」と言う方には、こちらがおすすめ!)

 

f:id:kinpiraninjin:20170526002828j:plain