isokawadaichi.com

Powered by Northcamp, inc.

マイパブリックという概念

f:id:kinpiraninjin:20180320162704j:plain

 

お店づくりはマイパブリックづくりだ。

 

マイパブリックとは造語で、自分(私=Private)がつくる公共空間のことを指す。

 

公共空間といえば、どこかの誰かが定めた法に従う場所のことを指すけれど、マイパブリックはいわば「私公共」だから法は(法律の定めのなかで)自分が決められる。だから「店のルールを決める」という行為は「法律の制定」に近いものがある。

 

そんなことを店舗運営のためのマニュアルをつくっていて考えた。

 

マイパブリック(私公共)というのは公共の要素を含んでいるが故に、ある程度の包摂性が必要になる。誰を入れるのか。そして誰を拒むのか。そんなところにその店の哲学がある。厳しくても緩くてもよい。自分だけのちょうど良い塩梅を見定める。それを探るのが最近おもしろい。

 

法律をつくった人はすげーな、と思う。