Startups&Books -起業と本

起業と本についてのWebマガジン

人と組織のOSを変える「場活堂」

www.bakatsudo.co.jp

 

停滞している企業には次のサインが出ている。

  • 過去への囚われから、変化へのブレーキとなる「先入観」
  • マンネリ化した薄い関係性から生まれる「チームワーク」
  • 受け身や他責でも、安定したポジションが得られるという「組織文化」

 

これらを解決するためには

  • 「先入観」をもつ自分に気づき、先入観に囚われない思考方法を習慣化する
  • 信頼関係をベースにした本音のコミュニケーションの場を持つこと
  • 「自分が変わることで、現実は変わる」という気づきの場を作ること

 

「場活」は、こういった負の現実に向き合う場をつくりながら、

個人個人の「意識」にアプローチし、人と人の関係性を深める中で、

組織全体の風土を確信するプロジェクトである。

 

兄さんとの出会い

場活堂の泉一也さんは僕の兄弟子のような存在だ。

泉さんと僕は江戸川区にあるちょっと変な本屋「読書のすすめ」で出会った。

 

▼関連する記事はこちら

www.isokawadaichi.com

 

起業したばかりの泉さんと丁稚奉公を始めたばかりの僕。

 

泉さんは当時31歳で、僕は16歳。

彼は京都大学卒業で、僕は中卒。

彼は高身長で、僕は低身長。

 

色々なものが逆だった。

だからなのか、当時の僕は(もちろん今も)「面白い人だなあ」と思った。

 

時が過ぎ、2017年4月。

そんな兄貴が、工事中の僕らのお店「いわしくらぶ東京店」にきてくれた。

 

▼いわしくらぶ東京店に関連する記事はこちら

www.isokawadaichi.com

 

f:id:kinpiraninjin:20170710213320j:plain

▲泉さんと「いわしくらぶ東京店」にて

 

「今度、久しぶりにドクスメでイベントをやるから聞きにおいで」

「はい、いきます」

 

僕は丁稚奉公時代を思い出して、二つ返事をした。

 

やる気スイッチを入れる話

f:id:kinpiraninjin:20170625131533j:plain

 

イベント当日。

泉さんは多くの聴講者を前に、マイクを握っていた。

 

「大脳にはやる気のスイッチがない。だから戦後以降、公の教育機関から始まる学習法ではスイッチは入らない」

 「よく考えてみてください。小さい子供って、教科書も何もないのに成長していきますよね」

 

人間社会には学校で学ぶいわゆる「形式知」の他に、「暗黙知(身体知)」という学習の概念がある。 

形式知 / 大脳 / Think ⇄ 暗黙知 / 身体 / Feel

人間はこれらを行き来させて学習し、成長する。

 

日本古来の学習というのは道場で行われていた。

つまり「身体知」を鍛えていたわけだ。

 守破離という言葉があるように、型を通して身体知を鍛える。

 

今の社会は形式知を重要視している。

だから、あえて「暗黙知を磨いていこう」と泉さんはいう。

 

気づきのコミュニケーション

商人でいえば「景気」を感じられることが大事。

例えば、海外で人気の漫画ベスト3は

 

1位 ドラゴンボール

2位 NARUTO

3位 ワンピース

 

みんな「気」を扱っている漫画だ。

 

f:id:kinpiraninjin:20170625141850j:plain

 

さらに世界に目を転じれば、映画「スターウォーズ」。

あれも「フォース」と呼ばれる架空のエネルギー体を扱っている。

 

みんな、あまり意識しないけれど無意識はちゃんと知っている。

人間には皆、フォースがあることを。

 

泉さんは場にある「気」を活性する仕事をしている。

いわば企業や地域に溜まった悪玉菌を善玉菌に変える仕事だ。

 

僕らいわしくらぶも、そんな良い「気」に満ちた場を作っていきたい。

そんなことを考えた夜だった。