Startups&Books -起業と本

起業と本についてのWebマガジン

遊びが仕事になる時代

こんにちは、磯川大地(@isokawadaichi)です。 

 

先日、高田馬場にある人気のシーシャカフェ「ばんびえん」で行われた餃子パーティーに行ってきました。

f:id:kinpiraninjin:20170712133310j:plain

▲ばんびえんの入り口に貼ってあったポスター

 

「ばんびえん」ってなに?

ばんびえんとは東京・高田馬場にある1軒のシーシャカフェの名前だ。

ラオスという国のVang Vieng(バンビエン)という地名からもらった名前らしい。

コンセプトは「煙のある休憩所〜生きるために必要ない、でもあったらたのしーものたくさん〜」。

 

 

そのコンセプトのとおり「これは人生に必要なさそうだなあ・・・」というものが、店内のあちらこちらに置かれている。

 

ただ不思議なことに、席に座っているとそれがだんだんと居心地のよさに感じられて、まるで自分の部屋に帰ってきたような錯覚に陥る。

 

ここで初めて気付く。

「あぁ、これは無駄じゃないんだ」

 

人間が進歩するためには、まず第一歩を踏み出すことである。長い目で見れば人生にはムダがない(本田宗一郎

 

僕らの人生に必要な「ムダな時間」を与えてくれる場所。

これが高田馬場にあるシーシャカフェばんびえんだ。

 

シーシャカフェばんびえんの餃子パーティ

f:id:kinpiraninjin:20170721160200j:plain

そんな「ばんびえん」が第2・第4日曜日の通常営業が始まる前に、シーシャ×〇〇〇のコラボイベントを開催している。

 

企画しているのは、この人。 

ばんびえんの企画隊長・中塚ゴンザレス勇希くん。

お店には毎週火曜日と木曜日に出勤している。

 

「こういった企画は5月の肉会から始めました!普段とは違うばんびえんを楽しんで欲しい」

 

「そもそもシーシャ好きの人々が、一つのイベントを目当てに集まる事で、お客様達がもっと繋がってもっとお店の仲間を増やして、お店に吸いに行くのがもっと楽しくなればいいな、と」

 

「今までは肉会、スイーツ会、ボードゲーム会とか、世界のミントフレーバー10種類を吸い比べる会をやってきました」

 

「そのうちお客様の企画持ち込み型イベントとかやりたいですね。アメトークみたいに、どのイベントをやりたいかプレゼン大会をやるとか (笑)」

 

勇希くんは目を輝かせながらそう語る。

 

シーシャカフェばんびえんの皆んなは本当にシーシャが好きだ。

お店に行ってもイキイキと仕事をしている。

それは「好き」を仕事にしているからだ。

 

 

f:id:kinpiraninjin:20170721162214j:plain

▲大阪の実家でもシーシャを吸う勇希くん

 

そして、そのなかでも勇希くんはシーシャだけでなく、色々な「遊び」を考えるのが好きだ。

だからこそ、こうやって色々な企画も出てくる。

そんな勇希くんに企画のコツを聞いてみた。

 

磯「勇希くん、どうやったら人気のあるイベントを作れるの?」

勇「大地さん、それはですねえ・・・」

 

勇希くんが教える人気のイベントをつくるコツ 

f:id:kinpiraninjin:20170721170022j:plain

 

  1. 自分が全力で「楽しい!」と思えることをやる
  2. 他人にとっても「楽しい!」と思えることをやる
  3. さらに当日は参加者同士が仲良くなれるような仕掛けをつくる

 

勇希くんの話を聞いて、僕は思わず膝を打つ。

なるほど。

自分が情熱を傾けられる分野とお客様のニーズが繋がるところで企画を打つわけだ。

 

話は変わるが、ここ十数年ITの発達によって情報伝達がとても楽になった。コストも下がった。

「○月○日に、xxxやるから集まれ〜!」

Twitterで声をかければ、小さなイベントだって商売として成り立ってしまう。

 

だからこそ、プロは質の高いイベントを開催することが必要だ。

きっと、勇希くんの頭の中はいつも楽しい妄想でいっぱいなんだろう。

 

遊びが仕事になる時代

僕が子供のころ、遊びを仕事にできるのは「有名人、芸能人」だけだと思っていた。

だけど、いつのまにかそんな時代が終わりを告げ、我々一般市民にも遊びを仕事にできる時代がやってきた。

そのおかげで今、世間を見渡せばじつに様々な遊びが存在する。

 

しかし、その大原則は変わらない。

 

いかに楽しんでもらうか。いかに笑顔になってもらうか。

 

誰かを楽しませることができる人がその企画力と情報発信力によって、遊びを仕事にできる時代。

そんな時代に僕らは生きている。

勇希くんの話を聞いていて、そんなことを思った。

 

f:id:kinpiraninjin:20170721163046j:plain

▲ばんびえんで楽しそうに働く勇希くん