続・日刊いそかわ

創作のためのメモ書きとして

民藝品の特色〔客観的事実〕

一. 実用性。

二. 無銘性。

三. 複数性。(量産のこと)

四. 廉価性。

五. 労働性。(日常的な労働によって生産されること)

六. 地方性。

七. 分業性。

八. 伝統性。

九. 他力性。(個人的能力以外のものが生産に関与すること)

 

出典: 松井健『民藝の機微 -美の生まれるところ(里文出版)』より