過日

手紙の代わりに

Alone Together

言葉。言葉はただだけどそんなに安いものでもない。発話。発話そのものは簡単だけど、心まで通わせることはとても難しい。東京。昨夜から東京に帰ってきた。ひさびさに帰る東京にある自分たちの店はまえとは少し様子が変わっていて、あたらしい場所に生まれ変わっている最中であるように見えた。正月。「人生はあっという間だね」両親と娘とわたしでランチを食べに行ったときに、母がそう言った。人生はそんなに長くない。うん、長くない。わたしも、娘が生まれてから思うようになった。時間。私個人に残された時間。そして、もしかするとあるのかもしれない私たち地球上の生物全体の制限時間。リミット。そのどちらもを意識したときに、なにをつくろうか。なにがつくれるだろうか。言葉。そうだ、言葉は紡ごう。それは作品としてでもあるけど、ほとんどは祈りとして。祈りとしての言葉。こころ通わす発話。できるだけ交わしていこう。物もつくろう。場所もつくろう。やれることはなんでもやろう。伝えていこう。分かち合おう。大切なのはいつだってこころ。