過日

手紙の代わりに

「ブログをはじめよう」そう思った動機は、あくまでも自分のためだった。しかし、続かない。---これまでもなんとなく思っていたけれど、娘が産まれてからますます「つぎの世代に何が残せるか」ということを考えるようになった。ぼくにしてはわりと真剣に。だから、なにかを残したい気持ちはあるけれど、一体何を残すべきなのかわからない。これまで自分が先達から運よく受け継いだ(そして、これから受け継いでいくもの)のうち、何が彼女らの役に立って、なにが役に立たないのだろう?そこで、ぼくはひとまず、このひとつどころに留まることのないすこし変わった生活をメモ書き程度に留めておこうと思った。生来の怠け者で且つ、筆不精だから、娘に手紙を書くつもりで書いたら続けられるかもしれない。遠く離れて暮らしていて、なかなか会えない彼女に手紙を書くつもりなら。そう思った。